• KAZUKI

ThunderMax 取り付け事例! Part.4

更新日:1月16日



Part.4ということで、他のPartをご覧になってない方は下記タイトルからそのパートに行けるのでご覧ください( ´ ▽ ` )ノ


Part.1(以下、年式モデル:チューニング内容)

  '17 FXDLS :ThunderMax取り付け、吸排気の調整

 '10 FXDWG:ThunderMax取り付け

  '11 FXS :ThunderMax取り付け、吸排気の調整


Part.2(以下、年式モデル:チューニング内容)

  '13 FXDB :ThunderMax取り付け

  '15 FXDL :カムシャフト交換 " Andrews T-26 "


Part.3(以下、年式モデル:チューニング内容)

'17 FXDLS :ThunderMax取り付け

  '10 FLSTF :カムシャフト交換 " Andrews T-21 "

  '15 FLHXSE:ThunderMax取り付け、カムシャフト交換 " RED SHIFT587 "



Part.4ではどんな車両が登場するのか。今回は2台です!



1台目!

" '18 FLHTK "


青線:チューニング前

MAX POWER :75.31 PS

MAX TORQUE:12.97 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :95.72 PS

MAX TORQUE:14.94 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:S&S(湿式)

   ECM    :STOCK(前) → ThunderMax(後)

  マフラー  :VANCE&HINCE スリップオン(独立)

カムシャフト :STOCK(前) → RED SHIFT 472(後)


こちらは以前BLOG(ミルウォーキーエイト!)で紹介したThunderMaxとカムシャフト(RED SHIFT 472)の取り付け依頼をいただいた車両です!

RED SHIFT 472の特徴である、低回転時を落とさず、中〜高回転域の伸びを圧倒的に感じるグラフ!排気はV&Hの独立を使用した2-2のopenタイプ。迫力あります。

以前、VPクラッチも取り付けているのでクラッチ操作も楽々かと!


2台目!

" '18 FLTRX "


青線:チューニング前

MAX POWER :75.88 PS

MAX TORQUE:13.02 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :99.67 PS

MAX TORQUE:14.69 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:S&S(湿式)

   ECM    :STOCK(前) → ThunderMax(後)

  マフラー  :VANCE&HINCE(エキパイにキャタ付き)(前)

  →VANCE&HINCE(キャタなし)(後)

カムシャフト :STOCK(前) → RED SHIFT 472(後)


こちらは以前BLOG(なんのエンジンでしょーか!?)で紹介したThunderMaxとカムシャフト(RED SHIFT 472)の取り付け依頼をいただいた車両です!

低回転域でのトルク値の上昇、そして中〜高回転域でチューニング前後で圧倒的に差が出るトルクと最後まで伸び続ける馬力。綺麗な伸びですな_φ( ̄ー ̄ )

車両の色合いとマッチしてか、モンスター感でてますね(⌒-⌒; )

↑もちろん、良い意味ですよ!


さてさて、参考までに!

こちらは、今回紹介した" '18 FLHTK "(青線)と " '18 FLTRX "(赤線)のグラフを重ねたものになるんですが...⇩