• KAZUKI

ThunderMax 取り付け事例! Part.3



Part.3ということで、他のPartをご覧になってない方は下記タイトルからそのパートに行けるのでご覧ください( ´ ▽ ` )ノ


Part.1(以下、年式モデル:チューニング内容)

  '17 FXDLS :ThunderMax取り付け、吸排気の調整

 '10 FXDWG :ThunderMax取り付け

  '11 FXS :ThunderMax取り付け、吸排気の調整


Part.2(以下、年式モデル:チューニング内容)

  '13 FXDB :ThunderMax取り付け

  '15 FXDL :カムシャフト交換(ThunderMaxは以前取り付け済)


Part.3ではどんな車両が登場するのか。今回は...


3台のThunderMax取り付け事例をご紹介します!


1台目!

" '17 FXDLS " です!


青線:チューニング前

MAX POWER :83.42 PS

MAX TORQUE:13.55 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :89.21 PS

MAX TORQUE:15.04 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:S&S(湿式)

   ECM   :STOCK(前) → ThunderMax(後)

  マフラー :Thrashin Supply 2in1


110ciのエンジンにThunderMaxを取り付け、吸排気はハイフローに2in1のopen。

やはりこの組み合わせ良いですね♪( ´▽`)

90近い馬力を出せる仕様。次を考えるとやはりカムシャフトの交換になってくるんですかね...

今でも十分乗り心地が変わって乗りやすくなっていると思いますが、カムシャフトをRED SHIFT 587に変えると100馬力も夢じゃない!かと!?


ちなみに...

エンジンチューニングとは関係ないのですが、ノーマルのFXDLSとの違いに気付かれた方はいらっしゃいますか!?

実は... ホイールを黒く塗ったんです。あ、もちろん外注です(⌒-⌒; )

めちゃくちゃ綺麗なんですよ。マフラーもハンドルもホイールも全部黒。キリッとしてかっこいですよね。


2台目!


" '10 FLSTF " です!


青線:チューニング前

MAX POWER :72.08 PS

MAX TORQUE:11.40 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :79.19 PS

MAX TORQUE:12.43 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:Zipper's ハイフロー(湿式)

   ECM    :ThunderMax

  マフラー  :スクリーミンイーグル スリップオン

カムシャフト :STOCK(前) → Andrews T-21(後)


こちらのバイクは以前のBLOG(カム交換続きます!!)でご紹介したもので、オーナーさんは「バイクでキャンプに出かけたりするから、下道の走行時に使う下を回転域を向上させたい。」ということでしたので、" Andrews T-21 " を使用することになりました_φ( ̄ー ̄ )

" Andrews T-21 " は、低〜高回転域全体をバランスよく向上させるオールラウンドのカムシャフトになってます!

" T-21 " と " T-26 " の違いは、BLOG『 見えるところだけじゃない! 』をご覧ください( ´ ▽ ` )ノ

この車両はSTOCKのエキパイが2-2の同調管付きなので、排気効率◯なのでこのお客様のようにサイレンサーのみを交換し、ThunderMaxを取り付け吸気を調整すれば調子UP間違いなしですね!


3台目!


" '15 FLHXSE " です!


青線:チューニング前

MAX POWER :84.04 PS

MAX TORQUE:13.43 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :85.60 PS

MAX TORQUE:14.17 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:スクリーミンイーグル

   ECM    :STOCK(前) → ThunderMax(後)

  マフラー  :スクリーミンイーグル スリップオン(エキパイにキャタ付き)

カムシャフト :STOCK(SE-255)(前) → RED SHIFT 587(後)


こちらは、以前のBLOG「このエンジン、いい色してる〜!」で作業内容を紹介させていただいた車両です。グラフ上ではあまり変わっていないように見えるかもしれませんが、BLOGでも紹介した通り、" SE-255 "と作用角の違うカムシャフトとThunderMaxを取り付けることで、『乗り味』が全く違うものに変わります。

オーナーさんからも、「めちゃくちゃ乗りやすくなりました!」との声をいただき、作業の成果を感じていただいているようで何よりです( ^ω^ )



最後に!

排気量はもちろんですが、吸排気の相性やマフラーのタイプ(2in1や2-2など)により、乗り味は変わってきます。

お客様がどんな乗り味を求めているのか、それに合わせた仕様をご紹介いたしますので、気になった方はぜひお電話お待ちしております。


また、遠方の方向けにThunderMaxを通信販売しております。

BURN!で販売しているThunderMaxには、担当者が日本語に訳した取扱説明書を同封してしており、注意点はもちろん、取り付け方から取り付け後のエンジンを始動する前にやっていただくことも記載されています。商品を購入される際は" ThunderMax 設定・電話サポート "を一緒に購入していただくようお願いいたします。こちらの商品を購入していただくことで、経験に基づいた適切なマップをThunderMaxに書き込み、万が一取扱説明書でわからない点が出てきてしまった場合、電話での対応となりますが、取り付け等のサポートをさせていただきます。

※車両の年式やモデルにより、料金やThunderMax本体の形が異なりますので、お客様の車両に適した物の購入をお願いいたします。


SPORTSTER用 / DYNA用  / SOFTAIL用 / TOURING用

※上記、各モデルをクリックしていただければ、通販サイトに移動できます。

弊社通販サイトについて、送料や支払方法などはこちらに説明が書いてあるのでご覧いただければと思います!



では、また!


103回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示