• KAZUKI

ThunderMax 取り付け事例! Part.1

最終更新: 3月22日



さて、今回はThunderMaxの取り付け事例ということで、最近ThunderMaxを取り付けていただき、測定をした車両をご紹介していきます!


ThunderMaxについては、以前書いたBLOG " ThunderMax!! " や、HP " ThunderMaxとは " にThunderMaxについて書いておりますので、ご覧いただければなと思います!


今回は、3台紹介します!



1台目!

" '17 FXDLS 110ci " です!


青線:チューニング前

MAX POWER :67.98 PS

MAX TORQUE:12.15 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :89.05 PS

MAX TORQUE:15.46 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:スクリーミンイーグル(湿式)

   ECM   :STOCK(前) → ThunderMax(後)

  マフラー :STOCK(前) → MARUMASU 2in1(後)


さすが110ciといった感じですね!

今回のように、約90馬力出るようなマフラーを使用している車両は、RED SHIFTのカムシャフト587を取り付けることで、約100馬力出すことができると思います!



2台目!

" '10 FXDWG "


青線:チューニング前

MAX POWER :66.85 PS

MAX TORQUE:10.70 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :71.61 PS

MAX TORQUE:11.70 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:RSD(湿式)

   ECM   :STOCK(前) → ThunderMax(後)

  マフラー :VANCE&HINCE スリップオン (エキパイにキャタ付)


ECMをThunderMaxに変更するだけで、低回転域でのトルクの伸びや高回転域での馬力の伸びが向上しているのがわかると思います♪( ´▽`)


FXDWGのSTOCKエキパイ(他にも、FXDFやFXDLSなど)は、2-1-2の構造(F・Rのシリンダーから出た排ガスが一度合流し、また2つにわかれて出る仕組み)になっており、他の2-2の同調管付きのSTOCKエキパイ(FXDやFXDB、FXDCなど)と比べると排気の効率が悪く、馬力やトルクが出づらい排気構造になっています。

そのため、お客様の中には2-2の同調管付きエキパイに変更される方もいらっしゃいます。


ちなみに...

BURN!では、試乗車に2-2の同調管付きに変更してある車両( '12 FXDWG )をご用意しております_φ( ̄ー ̄ )


3台目!

" '11 FXS "


青線:チューニング前

MAX POWER :57.99 PS

MAX TORQUE:10.37 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :71.40 PS

MAX TORQUE:11.53 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:STOCK(前) → Zipper's T-BIRD ハイフロー kit

   ECM   :STOCK(前) → ThunderMax(後)

  マフラー :STOCK(前) → Khrome werks スリップオン(後)


低回転域では、チューニング前にはあった2000回転手前の谷(馬力とトルクともに)が解消されていおり、中〜高回転域に関しては、伸びきらない馬力が綺麗に伸びていき、落ちていくトルクはもう一伸びし、極端な減少は見られません(^ ^)

チューニング前では波うっているグラフも、チューニング後には波はほとんどなくなっていますd( ̄  ̄)


参考までに...

こちらは、今回紹介した " '11 FXS " の「 ALL STOCK 」と「 吸気・ECM交換(マフラーSTOCK )」の比較を表したグラフになります。音が気になるお客様は、STOCKのマフラーのままThunderMaxと吸気を調整するだけで、1500~2000回転域の谷(青線のトルク・馬力共に)や3000回転以降徐々に失われていくトルク、中回転域であまり伸びない馬力は改善されます。


青線:チューニング前

MAX POWER :57.99 PS

MAX TORQUE:10.37 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :69.43 PS

MAX TORQUE:10.98 Kg-M


最後に!

排気量はもちろんですが、吸排気の相性やマフラーのタイプ(2in1や2-2など)により、乗り味は変わってきます。

お客様がどんな乗り味を求めているのか、それに合わせた仕様をご紹介いたしますので、気になった方はぜひお電話お待ちしております。


また、遠方の方向けにThunderMaxを通信販売しております。

BURN!で販売しているThunderMaxには、担当者が日本語に訳した取扱説明書を同封してしており、注意点はもちろん、取り付け方から取り付け後のエンジンを始動する前にやっていただくことも記載されています。商品を購入される際は" ThunderMax 設定・電話サポート "を一緒に購入していただくようお願いいたします。こちらの商品を購入していただくことで、経験に基づいた適切なマップをThunderMaxに書き込み、万が一取扱説明書でわからない点が出てきてしまった場合、電話での対応となりますが、取り付け等のサポートをさせていただきます。

※車両の年式やモデルにより、料金やThunderMax本体の形が異なりますので、お客様の車両に適した物の購入をお願いいたします。


SPORTSTER用 / DYNA用  / SOFTAIL用 / TOURING用

※上記、各モデルをクリックしていただければ、通販サイトに移動できます。

弊社通販サイトについて、送料や支払方法などはこちらに説明が書いてあるのでご覧いただければと思います!





では、また!


190回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
CALL US

 ​TEL : 04-2994-2975 

FAX : 04-2994-2974

OPENING HOURS

10:00 a.m. ~ 7:00 p.m.

休日はこちらをご確認ください。​

burn_logo_bk_orange.png
  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

〒359-0034

埼玉県所沢市東新井町297-4

国道463号線沿い

関越自動車道 所沢IC より所沢市街地方面へ約 10 分

©Copyright