top of page
  • 執筆者の写真KAZUKI

ThunderMax 取り付け事例! Part.14


Part.14!ということで、今回もInstagramとFacebookで「ThunderMax取り付け事例!」として紹介した車両を紹介していきます_φ( ̄ー ̄ )

Part.1~10までどんな車両を載せていたかは、Part.11にとんでいただければご覧になれますー!

ちなみに、車両の説明はなしで仕様と前後比だけいろんな車両のものを見比べたい方は、メニューにある「ThuderMaxとは」にある『ThunderMax取り付け事例』にも随時更新してますー!モデルごとに分けて紹介しているのでご覧になってみてくださいー!


Part.11(以下、年式モデル:チューニング内容)

'11 XL1200L:ThunderMax取り付け、吸排気の調整

'08 FLSTF :カムシャフト交換

'18 FLSB :ThunderMax取り付け、吸排気の調整、カムシャフト交換


Part.12(以下、年式モデル:チューニング内容)

'21 FXLRS114:ThunderMax取り付け、吸排気の調整、カムシャフト交換

'19 FLTRXS114:ThunderMax取り付け、吸排気の調整、カムシャフト交換


Part.13(以下、年式モデル:チューニング内容)

 '11 FXDB  :ThunderMax取り付け、吸排気の調整

'22 FXRST117:ThunderMax取り付け、吸排気の調整、カムシャフト交換


Part.14は、M8のSOFTAILを2台紹介していきます!


1台目!

" '20 FXLRS114 "


青線:チューニング前

MAX POWER :80.82 PS

MAX TORQUE:13.28 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :107.85 PS

MAX TORQUE:16.21 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:S&S(湿式)

   ECM   :STOCK(前)→ ThunderMax(後)

  マフラー  :STOCK(前)→ RED THUNDER 2-1(後)

カムシャフト :STOCK(前)→ RED SHIFT 472(後)


だーーーーいぶ前に作業は終わっていたにもかかわらず車両の写真を撮り忘れ、なんどかご来店いただいているにもかかわらず撮り忘れ( ゚д゚)

今回は、ホイールのカスタムでご来店いただき、写真を撮り忘れることなく、ようやくご紹介ができる車両ですΣ(゚д゚lll)


RED SHIFT472は468と比べると少し高回転を重視したカムシャフトになっているので、472の力が十分に発揮しているチューニングになっているかと思います♪( ´▽`)

また、2000~3000回転の間で2-1特有のトルク特性になっていますが、その特性を利用して楽しんで乗り回してあげてくださいね!




2台目!

" '22 FXLRS117 "


青線:チューニング前

MAX POWER :89.28 PS

MAX TORQUE:13.24 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :94.21 PS

MAX TORQUE:15.83 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:STOCK

   ECM   :STOCK(前)→ ThunderMax(後)

  マフラー  :STOCK(前)→ S&S スリップオン(後)


こちらの車両は、同調管付きの2-2のエキパイを使用しているので、2-1とはまた違うトルク特性になっています。

同調管付きの2-2マフラーは同調管があることで、1気筒に対して2つの排気口があると考えられるため、他の仕様(2-1や独立の2-2など)と比べると排気効率が良く、谷のない滑らかなトルク特性を持ちます_φ( ̄ー ̄ )

今回使用したS&Sのスリップオンは、エンドの部分に半分ほど筒状のものが入っているため、最後の一伸びがでなかったのかなと(>人<;)

筒状のものを取ればあと一伸びがあるのかなと思いますが、音がどうしても大きくなります。どちらを取るかはオーナーさん次第ですねd( ̄  ̄)


2018年モデルのCVOに採用されていた『ガンシップグレー』が2022年モデルで復刻!

ローライダーSにもしっかり合いますね♪( ´▽`)


最後に!

排気量はもちろんですが、吸排気の相性やマフラーのタイプ(2in1や2-2など)により、乗り味は変わってきます。

お客様がどんな乗り味を求めているのか、それに合わせた仕様をご紹介いたしますので、気になった方はぜひお電話お待ちしております。


また、遠方の方向けにThunderMaxを通信販売しております。

BURN!で販売しているThunderMaxには、担当者が日本語に訳した取扱説明書を同封してしており、注意点はもちろん、取り付け方から取り付け後のエンジンを始動する前にやっていただくことも記載されています。商品を購入される際は" ThunderMax 設定・電話サポート "を一緒に購入していただくようお願いいたします。こちらの商品を購入していただくことで、経験に基づいた適切なマップをThunderMaxに書き込み、万が一取扱説明書でわからない点が出てきてしまった場合、電話での対応となりますが、取り付け等のサポートをさせていただきます。

※車両の年式やモデルにより、料金やThunderMax本体の形が異なりますので、お客様の車両に適した物の購入をお願いいたします。


※上記、各モデルをクリックしていただければ、通販サイトに移動できます。

弊社通販サイトについて、送料や支払方法などはこちらに説明が書いてあるのでご覧いただければと思います!



では、また!


閲覧数:527回

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page