• KAZUKI

ThunderMax 取り付け事例! Part.12


ありがたいことに、更新し始めてもうPart.12!

今回もInstagramとFacebookで「ThunderMax取り付け事例!」として紹介した車両を紹介していきます_φ( ̄ー ̄ )

Part.1~11までどんな車両を載せていたかは、Part.11にとんでいただければご覧になれますー!

ちなみに、車両の説明はなしで仕様と前後比だけいろんな車両のものを見比べたい方は、メニューにある「ThuderMaxとは」にある『ThunderMax取り付け事例』にも随時更新してますー!モデルごとに分けて紹介しているのでご覧になってみてくださいー!


Part.11(以下、年式モデル:チューニング内容)

 '11 XL1200L:ThunderMax取り付け、吸排気の調整

 '08 FLSTF  :カムシャフト交換

'18 FLSB  :ThunderMax取り付け、吸排気の調整、カムシャフト交換


Part.12は2台!

M8(ミルウォーキーエイト)のSOFTAILとTOURINGの紹介です!


1台目!

" '21 FXLRS114 "


青線:チューニング前

MAX POWER :76.11 PS

MAX TORQUE:13.67 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :103.68 PS

MAX TORQUE:15.59 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:STOCK

   ECM   :STOCK(前)→ ThunderMax(後)

  マフラー  :STOCK(前)

→ Vance&Hines Eliminator300(クワイエットバッフル付)(後)

 カムシャフト :STOCK(前)→ RED SHIFT 468(後)


こちらは、BLOG(本当に、梅雨なのか( ゚д゚))で紹介した車両です(o^^o)

RED SHIFT 468は、低〜中回転域重視のカムシャフトです!

オーナーさんの「静かめが良い」というご希望により、クワイエットバッフルを取り付けておりますd( ̄  ̄)

チューニング前がALL STOCKだったこともありますが、前後比が凄まじいですねー...

クワイエットバッフルがついていても、このパワーΣ(゚д゚lll)

そして、馬力は100オーバー( ;∀;) トルクもしっかり向上しているので楽しんでもらえているかと思います!




2台目!

" '19 FLTRXS114 "


青線:チューニング前

MAX POWER :78.88PS

MAX TORQUE:14.10 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :104.23 PS

MAX TORQUE:15.92 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:Arlen Ness

   ECM   :STOCK(前)→ ThunderMax(後)

  エキパイ  :STOCK(キャタ付)(前)→ Khrome Werks(キャタ無)(後)

  マフラー  :Vance&Hines 450

 カムシャフト :STOCK(前)→ RED SHIFT 468(後)


Khrome Werksのエキパイは、2-1-2の純正と同じ構造ですがキャタライザーが無く、排気の効率が良くなります。

TOURINGモデルは、サイレンサーの径が大きいため排気効率が良くなり過ぎてしまう傾向もあります。そのため、低回転域で小さい谷ができてしまっていますが、これはサイレンサーにクワイエットバッフルを取り付けることで、音が小さくなってしまいますがなくなるかと思います。クワイエットバッフルを入れることで、排気への抵抗が少し増えバランスを良くすることができるんです!

クワイエットバッフルの有り・無しの比較が気になる方は、カムシャフトは交換していませんが、以前のBLOG('22 FLTRXSTに...!!)にグラフが載っているので、どのように違うのか確認してみてください!


ちなみに!

はじめに紹介した'21 FXLRSのクワイエットバッフル有・無を比較したグラフがこちら↓