• KAZUKI

ThunderMax 取り付け事例! Part.7

更新日:1月16日



Part.7ということで、他のPartを今まで通りこのBLOGにもどんな車両がどんなチューニングをしたのか書こうとしたのですがしたのですが、長くなってしまうので、まだご覧になってない方はPart.6にPart.1~5に書いてあるので、そちらからご覧いただくとわかりやすいかなと思います!


Part.6(以下、年式モデル:チューニング内容)

 '06 FLHRS :ThunderMax取り付け、吸気の調整

' 14 FXFBS :ThunderMax取り付け、排気の調整



Part.7ではどんな車両が登場するのか。今回は...

3台のThunderMax取り付け事例をご紹介します!

こちらもPart.6と同じく、少々前にご依頼いただいた車両です(⌒-⌒; )



1台目!


" '15 XL883 "


青線:チューニング前

MAX POWER :46.80 PS

MAX TORQUE:5.97 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :46.46 PS

MAX TORQUE:6.42 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:Screamin Eagle(湿式)

   ECM    :STOCK(フラッシュチューニング)(前) → ThunderMax(後)

  マフラー  :Harley-Davidson 北米(前) → Tramp 2in1(クローズ)(後)


以前、ホイールのGRIDEに当店で取り付けていただいたお客様が、フラッシュチューニングされていたお客様ですが、ありがたいことにThuderMaxの取り付けに!(もちろん、当店では押し売りはしていませんよ!)

それと同時にTrampの2in1に仕様も変更され、2in1特有の乗り味に変わっていると思います(^ ^)

排気音を抑えるため、マフラーはクローズ仕様ですが、ThunderMaxの良いところはクローズでも調子が良いところです。​適切なマップを車試台の上で入力し調整することで、 良い乗り味を実現させます。



2台目!

" '15 FLSS110 "


青線:チューニング前

MAX POWER :85.10 PS

MAX TORQUE:13.19 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :95.26 PS

MAX TORQUE:13.66 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:S&S(湿式)

   ECM    :STOCK(フレッシュチューニング)(前) → ThunderMax(後)

  マフラー  :Bassani 2-2


ThunderMaxのみの変更でもこちらの車両のように馬力とトルク共に向上いたします。馬力は、最後まで失速せずにレブリミッターがかかっている回転数まで伸び続け(STOCKのECMはガソリンが薄く設定されている可能性があるため、上まで回しておりません)、トルクは、低回転域の谷もなくなり全体的に向上し、車両の調子・乗り味もよくなっているかと思うます♪( ´▽`)



3台目!

" '08 FLHTCU "


青線:チューニング前

MAX POWER :64.37 PS

MAX TORQUE:10.25 Kg-M


赤線:チューニング後

MAX POWER :66.94 PS

MAX TORQUE:11.19 Kg-M


仕様(吸排気)

エアクリーナー:K&N 湿式

   ECM   :STOCK(前)→ ThunderMax(後)

  エキパイ :STOCK(前)→ STOCK(ポップストッパー付)(後)

  マフラー :Screamin Eagle スリップオン


馬力・トルク共に波のうったグラフではなくなり、スムーズになったのが見てわかると思います!また、全体的に伸びているので乗り心地もよくなっていると思います♪( ´▽`)


こちらの車両紹介で目が行くところは仕様にある『ポップストッパー』かなと思うので簡単にご紹介を!

ポップストッパー(~'08のTOURINGモデルの純正エキパイに使用)とは、リア側のエキパイ(跨って左側)の末端(サイレンサー差込部)に溶接するもので、アクセルがオフの時に外気の導入を最小限にし、アフターバーンを低減させるだけでなく、エキパイ内部の排気濃度を適切に保つ(リア側のO2センサーの誤作動を予防する)ためのものです。小さなパーツですが、あるとないとでだいぶ変わりますd( ̄  ̄)


最後に!

排気量はもちろんですが、吸排気の相性やマフラーのタイプ(2in1や2-2など)により、乗り味は変わってきます。

お客様がどんな乗り味を求めているのか、それに合わせた仕様をご紹介いたしますので、気になった方はぜひお電話お待ちしております。


また、遠方の方向けにThunderMaxを通信販売しております。

BURN!で販売しているThunderMaxには、担当者が日本語に訳した取扱説明書を同封してしており、注意点はもちろん、取り付け方から取り付け後のエンジンを始動する前にやっていただくことも記載されています。商品を購入される際は" ThunderMax 設定・電話サポート "を一緒に購入していただくようお願いいたします。こちらの商品を購入していただくことで、経験に基づいた適切なマップをThunderMaxに書き込み、万が一取扱説明書でわからない点が出てきてしまった場合、電話での対応となりますが、取り付け等のサポートをさせていただきます。

※車両の年式やモデルにより、料金やThunderMax本体の形が異なりますので、お客様の車両に適した物の購入をお願いいたします。


SPORTSTER用 / DYNA用  / SOFTAIL用 / TOURING用

※上記、各モデルをクリックしていただければ、通販サイトに移動できます。

弊社通販サイトについて、送料や支払方法などはこちらに説明が書いてあるのでご覧いただければと思います!



では、また!


閲覧数:262回0件のコメント

最新記事

すべて表示