• KAZUKI

2020始動!! そして一発目の...

更新日:2020年6月12日



明けましておめでとうございます!

暮れのご挨拶をせずに年を越してしまい、申し訳ありませんでした...

今年も例年同様、皆様の「ハーレーライフ」を尽力をあげてサポートさせて

いただきますので、今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

今年は去年より多くBLOGやFacebook・Instagramを更新していきたいと思っております(去年も行った気がしますが...)ので、更新した際はご覧になっていただけたら幸いです!


さて!

今回は... なんと... 2020年一発目の... 「 ボアアップ 」です!

なんのボアアップかと言いますと... 「 '18 FXBB 」です!!!


余談になりますが、昨年の11月にBURNの ” '18 FXBB ” をボアアップし、Zipper'sから販売されているミルウォーキーエイト用のボアアップkitを取り扱いを開始いたしました。「え?そうなの?」「どんな仕様だろ。」など気になった方がいらっしゃいましたら 、『'18 FXBB が...!!』←こちらのBLOGをご覧ください。


はい、本題に戻ります( ´ ▽ ` )ノ


今回も124ci(2032cc)にボアアップしますー!


まずはバラしていきます(⌒▽⌒)



今回も仕様するのはZipper'sから発売されているミルウォーキーエイト用のボアアップkitです!このkitに含まれているパーツは先ほど紹介させていただいたBLOGに書かれているのでそちらで確認してください!




そんなこんなで、組んでいきますよー!

とその前に...


ヘッドボルトを外した際に、注意しないといけないこと。それは、スタッドボルトの緩みです。ヘッドボルトはめちゃくちゃしっかり締めているので、緩めるのも結構力がいるんです... なので、緩めたときに一緒にスタッドも緩んでしまっている可能性があるので、BURNでは昔からスタッドを一度抜き、再度ネジロック(赤)を付け直ししっかりと規定のトルクで締め直しています。

スタッドボルトの太さは今まで(EVOやTCなどのモデル)は3/8"(9.525mm)だったのですが、オーバートルクで締めてしまうと、スタッドボルトが上がってきて浮いてしまっていました。ですが、今回のエンジン(ミルウォーキーエイトモデル)からは7/16"(11.1125mm)と太くなりました。


そして、もう一つ!

実は、クランクケースのシリンダースリーブが入る部分の内径(約112mm)とSTOCKのスリーブの外径(約108.5mm)、同じ大きさではないんですよ!この約3.5mmって結構大きんです。



そして、これが使用するZipper'sのシリンダースリーブの外径(約111mm)です。

スリーブの部分からSTOCKより大きいですね。クランクケースは最初からこの大きさ(Zipper'sのシリンダースリーブ)に対応できるサイズになっていたんですね!たかが約3.5mm、されど約3.5mm。


これは、ボアアップしないと....!?


と!少しだけ脇道にそれましたが.... 


しっかり組みあげていきますよー!



そして、完成!!!


はい!最後に!!気になる仕様とマップですね!

まずはグラフをどうぞ!