top of page
  • 執筆者の写真KAZUKI

TC88を...



約3ヶ月ぶりのBLOGです!

こんなに間が空いたのはいつぶりでしょう...


今回のBLOGは、少し前にご依頼いただいたTC88(2006年式 DYNA)の作業をあげていきますよー!

なにをしているのかは、読んでのお楽しみ!写真もたくさんありますよー(((o(*゚▽゚*)o)))


では、スタート!

ここまでくるとわかちゃいましたかね...?

ネタバラシにしては早いんですが、今回は... そう!

ボアアップです(*^▽^*)


今回は、こちらのkitを使用しますよ! ↓

ん?どこのkitだ(・Д・)?


正解は...

S&Sから発売されている97ciのシリンダーkitでした( ´ ▽ ` )

もう少しボアを大きくできるkitもあるんですが、そのkitだと圧縮が上がってしまいます。今回のお客さまは、圧縮比を上げたくないとのことだったので、97ciのシリンダーkitを選択されました!


もちろん、どちらにするかはお客さまの判断にお任せしてますよ♪(´ε` )


そして!

ヘッドは交換せず、ピストンとシリンダーを交換するkitなんですが、「ヘッドはそのまま組むの?」という疑問が浮かんでくることでしょう。


BURN!では、ヘッドにこびりついたススは、しっかりと落としてます!

写真には写りづらく分かりづらいですが、内側も頑張って落としてますよ(^ ^)

やっぱり、シリンダーとピストンが新品なんだから、ヘッドも綺麗にしたいですよね!


と、組み上げる前にちょろっと寄り道を...

この年式のDYNAモデルは、ステーターのマグネットが一次減速のドライブプーリーにねじ止めされているんですが、それだとネジが振動等で緩んでしまう!


なので!

BURNでは、ねじ止めした後にそのネジをプーリーに溶接して緩みを予防しております_φ( ̄ー ̄ )

緩んでしまっている車両何台も見ているので、こうしているようです!


ちなみに、他の2006年式のDYNAモデル特有の修理依頼を簡単にご紹介↓

・プライマリーのメインシャフト部分のベアリング・レースの破損修理

・インジェクターの違い

と言ったところが多く依頼をいただく修理になります。

インジェクターの違いと簡単に書きましたが、2006年式の初期と中期でインジェクターの角度とノズルの穴の大きさ・数が異なります。(初期は噴射角度が8°で大きめの穴が3つ、中期は噴射角度が25°で小さめの穴が6つ)

そのため、そのことを知らずもしくは気にせずにインジェクションチューニングを行なってしまうと、逆に調子が崩れてしまうなんてことにも繋がってしまいます。

なので、ご注意くださいd( ̄  ̄)


と、いうわけで組み上げの続きを(`_´)ゞ


組み終えたら、今回の車両は以前ThunderMaxでチューニング済みなので、セッティングと軽い慣らしを車試台の上で!

かるーく慣らしをしただけなので、全開にするにはまだまだ慣らしが必要なんです。

なので、お客さまにしっかりと慣らしてもらった後にもう一度ThunderMaxのセッティング確認と馬力・トルクの測定を行います!

なので、今回はここまで!


ボアアップと一緒にお客さま修理のご依頼もいただいたので、そこもしっかり作業して車両をお渡ししておりますd( ̄  ̄)

写真多めのBLOGいかがでしたでしょうか⁉︎


では、また!



閲覧数:1,219回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page