top of page
  • 執筆者の写真KAZUKI

GUNSHIP GRAY(о´∀`о)


2018年のCVOモデルに採用されていた『ガンシップグレー』が2022年の一部モデルで限定復活していたのはみなさんご存知ですよね⁉︎

そんな限定色が当店に2台同時に( ゚д゚) って、1台(FXTRXST)は当店の車両で、もう1台のFXLRSが今回いろんなカスタム依頼をいただいた車両です(*^▽^*)



早速、作業へ!とは言ったものの... ほとんどが作業後の写真でした(>人<;)

ほとんど隠れて見えてませんが、ThunderMax!

2021年モデルからECMとリンクするためのコネクターがが変わってしまったため、本体に直接リンク用のケーブルを繋げるため、カプラーたちを停めておくプレートも付属のものに交換しています。

また、サブコンピューターでチューニングする際は、サイレンサー部のO2センサーにキャンセラーが必要なんですが、ECM本体を変えるThunderMaxにはそんなもの必要ありません♪(´ε` )


今回はS&Sの『Grand National』を使用することに!

エキパイはSTOCKの同調管付きを使用してますよーd( ̄  ̄)


続いて、こちら!

この写真からなにかが変わります。

それが... こちら↓

さて、何が変わったでしょう( ̄▽ ̄)


正解は...

ミスミエンジニアリングから発売されているステップを『ハイミッドコントロールキット』に交換しましたー!

素晴らしい作り(((o(*゚▽゚*)o)))

って、褒めてるだけじゃ説明にならないでしょう(・Д・)

この写真はだーーーいぶ前に当店の'18 FXBBに取り付けた際に撮った比較写真です。

今回使用したハイミッドコントロールキットは、ステップ位置が上に5cm、後ろに7cm移動したもので、純正のステップ位置と比べるとこんなにも違うんです!


色はシルバーとブラックの2通り!

ストリートボブ(FXBB)、ローライダー(FXLR)、ローライダーS(FXLRS)、ソフテイルスリム(FLSL)に対応しています( ´ ▽ ` )


そして、ワンポイントにこちらも↓

クラフトマンから発売されている『モーフィングミラー』です!

本体はワイドボディでアームはテーパーの物を(°▽°)

ミラー部は防眩仕様のブルーミラーが使われているので、後方車両のヘッドライトの眩しさを軽減してくれます_φ( ̄ー ̄ )

また、一見小さく見えるこのミラーですが」、凸レンズを使用しているのでしっかり後方を確認できます!


今回ご依頼いただいた車両をどうぞ!

先日他の要件で電話をいただき、その際に「調子が良くて良い感じ」とのお声をいただきました♪(´ε` )

チューニングした車両に乗ってお客様がルンルンだと嬉しいですね!


詳しい仕様とグラフはまた後日、『ThunderMax取り付け事例』にて紹介させていただきます!


では、また!

閲覧数:434回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page