• KAZUKI

日が延びてきましたね!


日が延びてきましたねー( ´ ▽ ` )ノ

日中は前と比べると暖かくなってきて、冬眠から覚めて乗り出している方も多いのではないでしょうか⁉︎


前回まではThunderMaxの取り付け事例が続いたので、今回は最近Instagramのストーリーズで紹介した作業を少し詳しくお伝えしていければなと思います_φ( ̄ー ̄ )


まずは... こちら↓

ブレーキローター(以下、ローター)の交換!なんですが、写真のローター(写真左:新、写真右:旧)を少しよく見てみてください...


ん⁉︎サイズが違う...

発注ミス... ではないですよ(/ _ ; )

『大径化』ですね!

STOCKのローターからミスミエンジニアリングから発売されている13インチのローターへ交換するんです(^ ^)


大径化すると、キャリパーの取り付け位置が変わってきますが... ご安心を。

ミスミエンジニアリングのキャリパーサポートです!

こちらのサポートを使用して、キャリパーの取り付け位置を適切な位置に!

※モデルにより純正のキャリパーサポートに加工が必要な場合があります。


大径化することで得られるメリットを簡単に2つ紹介!

1つ目は、『リニアでコントロール性が高いブレーキング』。ブレーキを握ってからの効き始めが早くなり、ブレーキングの幅が広がり、を得ることができます!


こちらは取り付け後の写真↓

2つ目は、『放熱性』。

ローター径が大きくなることで、空気と触れる面積を増やし、ローターが熱くなりすぎるのを防ぐことで、ローターの歪みを予防します。


また、インナーがアルミニウム製、アウターがステンレス製なので、STOCKのローターよりも大きいのに軽いんですよ!


さらに!ミスミエンジニアリングのローターは、インナー・アウターで分かれているため、アウターが仕様限度になったらアウターだけ交換することができるのです!!


お次の車両はこちら↓

STOCKのブレーキマスターからbremboのRCSブレーキマスターに!(リザーバータンクはミスミエンジニアリングのものを使用)

bremboのマスターは、多段階でブレーキレバーの距離を変えられるのはもちろんですが、レバーレシオが2段階(18mmと20mm)で調整することができます。

18mmは、握りしろが深くなり、細かいコントロールに長け、20mmは、握りしろが浅くなるため、少ない力でブレーキの効力を発揮させます。


最後はこちら!

純正のスポークホイールから、GLIDE 9Sに!

スタイリッシュなデザインのアルミニウム製の9本スポークホイール。ホイールが変わると車両の雰囲気も一気に変わり、気分も一新!

お客様からのご要望で、リアホイールは、STOCKのものより少し太いホイールを使用し、後ろ姿の迫力を増しました♪( ´▽`)


今回はエンジンではなく、ブレーキ周りやホイールのカスタムのご紹介でした!

どのカスタムもデザイン・性能間違いなしなのでご紹介しましたd( ̄  ̄)


エンジンやブレーキ周り、足回りなどなど...

気になることがあれば、いつでもご連絡ください!


次はなにを書こうかな...


では、また!

閲覧数:318回0件のコメント

最新記事

すべて表示